MasashiArakawa of サクラヒルズミュージックラボラトリー/サックスレッスン/予約制/渋谷|池袋|代々木|恵比寿|戸田公園




SakuraH_MusicLab_Navy-Blue.png




Sakura Hills Music Laboratory [サックス レッスン] 渋谷|代々木|池袋|戸田公園|

20131201_masashi.jpg

Masashi Arakawa 荒川将司

略歴
埼玉県立不動岡高校
バークリー音楽院
株式会社昭和楽器 講師
サクラヒルズプランニング

4歳からクラシックピアノを習い始める(15歳まで演奏)。

11歳よりドラムを習う。高校時代は、ドラマーとしてポップス、ハードロック等のバンドで活動。

14歳より、アルトサックスを習い始める。宮本大路氏、正富一成氏に師事。

1994年に渡米し、サックス奏者としてバークリー音楽大学 入学(1994年~1997年)。

在学中にアルトサックスからテナーサックスに転向し、アンディー・マク・ギー氏、フレッド・リプシャス氏、ジョージ・ガゾン氏らに師事。

また、ボストン市および近郊でジャズギグ、セッションを重ね、同時にclub jazz bandにて活動し、黒人ラッパー達とのセッションに影響を受け、現在、自らラッパーとしても活動。


その後、イギリスを始め、フランス、イタリアにて レコーディング、ギグ、ミュージックフェスティバルに参加(1997年)。


帰国後は、club music、Jazz、Funk、R&B、gospelなど幅広く活動を展開。
2001年、club jazz band【vento】を結成し、作曲を手がけ、数多くのライヴイベントに出演し好評を博す(2007年 解散)。



その他、メジャー/インディーズアーティスト、ゲーム、アニメソングなどのライヴ、レコーディングサポート、楽曲/編曲の提供、企業CM(web含む)音源制作、企業イヴェント音楽企画等行う。



現在、バンド【creato】(クレアート)にて、SAX、Rap、Vocalistとしても活躍中。

レッスンで大切にしていること

まずは吹奏感を楽しもう!


まずは気軽にサックスに触れて、音楽を楽しんでみよう。
自分の出来る範囲でトライ!
そうしていくうちに、きっと自分の演奏に疑問や不満が出てくるはず。

「何が必要なのか」をサポートします。
思い通りに吹けたらカッコ良いよね。

気づけば、自らディープなサックスワールドにのめり込んでしまうのかも。
初心者の方も経験者の方でも大歓迎!!!


基本あってのアドリブ


サックスが使われるジャンルは多岐にわたります。ジャズや R&Bはもちろん、ポップス、ロック、ファンク・・・など。
これら全てに共通しているのは、「サックスはソロ楽器である=アドリブが必要になる」ということです。

 極端に言うと、ドレミしか吹けなくてもソロはできます。しかしその分「良い音」を出すことは容易ではなく、何よりも正しい呼吸法や奏法を体に染み込ませることが大切です。そして高度なテクニックを身につければ、それだけ高度なソロも可能になります。


何かにつまづいている?


すでにサックス演奏を経験されている方へ。

サックスが楽しかった頃の感覚が残っていますか?
長年続けていると、楽しさの反面、辛さも積み重なってくるものです。
伸びしろが狭くなってきているのかも知れません。
でもそれは、成長の証です。

Jazz理論を勉強しつつ、レベルアップを図りましょう。
新たな知識が徐々に増えていきます。しかし、その知識(理論)を利用したフレーズを展開していこうとすると、間違いなく運指の難易度が上がっていきます。
それらのフレーズをスムーズに吹くことを一つの目標にすると、”そのため”の基礎練習が新たに必要となってきます。
つまり、基礎練習の難易度が上がっていくことになります。

上達するためには、時には苦痛(苦悩)が伴うこともでしょう。でも、私は、それらを打破する道標や方向を教えていきますので、それを乗り越えるだけの”楽しさ”や”パワー”で、「未来の自分」を信じて、ついてきてほしいのです。


私の師の一人でもあった ”ジョージ・ガゾン”の言葉をここへ。


『まさし。音楽とはな、”torture”(拷問)を乗り越える必要がある。』



汗汗汗。。。


  • 2000. ANASUIファッションショー(新宿伊勢丹/渋谷WOMB)にて音楽演出及び出演。
  • 2004. コンピレーションアルバム『verve』(C.O.A Record)に参加。
  • 2004. 1st Maxi-single『風』をリリース。当singleより2曲をホンダFITサイトCMに提供。 J-wave、InterFM、YAMAHAプロジェクトである [SOUL SWITCH]、他音楽情報誌にて紹介される等、好評を博す。
  • 2005. 野村不動産株式会社『納涼祭』 音楽演出及び出演。
  • 2006. コンピレーションアルバム『music from Daisy's Cafe 〜湘南時計〜』(徳間ジャパン)に参加。
  • 2006. 野村不動産株式会社『納涼祭』 音楽演出及び出演。
  • 2006. コンピレーションアルバム『Aperitivo -Tokyo Style-』(Aperitivo Records/C.C.C.)のプロデュースを担当し、当該アルバムにはventoとして参加、リリース。
  • 2007. コンピレーションアルバム『Aperitivo -morning-』(Aperitivo Records/C.C.C.)プロデュースを担当。
  • 2007. 野村不動産株式会社『納涼祭』 音楽演出及び出演。
  • 2007. ネスカフェ『香味焙煎』(株式会社電通)ネットCM楽曲提供。
  • 2007. リリースパーティ『Aperitivo -morning-』(六本木ヒルズ/マドラウンジ)プロデュース及び出演。
  • 2008. 東京ガス都市開発株式会社『スパークリングワインフェスタ2008』(新宿パークタワー)出演。
  • 2008. アルバム『Rock to infinity』(コナミデジタルエンタテインメント)作詞/レコーディング参加。
  • 2008. 荒川桜子ミニアルバム『re-birth』楽曲提供/プロデュース。
  • 2009. オムニバス『Lantis / Non stop rimix vol.3』橋本みゆき 楽曲アレンジ(Lantis)。
  • 2009. 平野綾キャラクターソング レコーディング参加(Lantis)。
  • 2009.  オムニバス『アニソマニア』(webkoo)アレンジ/トラック制作/レコーディング参加。
  • 2009. SOUL BETTING GROUND『ai-wo-shiru』レコーディング参加。
  • 2009. 小野秀幸アルバム『over there』(コナミデジタルエンタテインメント)作詞/レコーディング参加。
  • 2009. ミニアルバム『creato』(インテグラルミュージック)よりリリース。
  • 2009. 09'全力投球”冬”、creatoにて出演。
  • 2010. 大井さやかアルバム、作詞/レコーディング参加。
  • 2010. 映画『うまれる』(制作/株式会社インディゴ・フィルムズ、配給/株式会社マジックアワー)サウンドトラックにレコーディング参加。
  • 2011. 勝田一樹 教則DVD コーディネーターとして参加。
  • 2011. バンダイ『あんぱんまん はじめてのパソコンだいすき』(株式会社アサツー ディ・ケイ)テレビCM楽曲制作。
  • 2011. グッチ裕三ショー ライヴ制作担当。
  • 2012. ケイ・グラント氏 ライヴサポート(Sax & コーラスとして参加)

共演・サポート・レコーディング  敬称略/順不同

Singer
青木カレン
Akiko
三善香里
グッチ裕三
桑名晴子
有坂美香
クライド・ウィリアムズ
河波浩平
ケイ・グラント
Saxophone
勝田一樹(a.k.a. DIMENSION)
石崎忍
正富一成
Trumpet
野口勇介
Piano/Keyboard
平戸祐介(a.k.a. quasimode)
栗本修
田中さとこ
宮崎裕介
高藤大樹
荒川桜子
中村潤
持山翔子
大迫杏子
倉沢大樹
山崎豪
大山恵梨華
後藤魂
Flute
吉田一夫
大塚茜
Vibraphone
渡辺雅美(a.k.a. the fascinations)
Guitar
渥美幸裕
江部和幸
木島靖夫
小菅剛(a.k.a. cro-magnon)
田村雄太
Nagacho
愛川聡
Bass
グレッグ・リー
羽立充孝
工藤精
遠井大輔
三浦淳吾
村木充
梅沢茂樹
西島健司
Percussion
よしうらけんじ
加瀬田聡
佐藤直子
能智祐輔
Drum
菅沼孝三
小森耕三
波多野哲也
佐治宜英
白根佳尚
平里修一
杉山賢一郎
多田貴宏
マーティー・ブレイシー
山本淳也
森芳樹
Violin
原田梢(a.k.a. 12人のヴァイオリニスト)
日高慶子
麻井眞理
DJ
野崎良太(a.k.a. Jazztoronik)
アニメソング
平野綾
橋本みゆき
イラストレーター
神田サオリ



ページの先頭へ




地図.jpg